件の友人は漫画家で、主にコミケで同人誌を売ることで生計を立てていた。
 それなりに売れている人ではあった。
 だが、私からすれば頭痛の種でもあった。
 ここでは、彼のことを仮に「A君」と呼んでおこう。

 2000年代始めごろ。
 私は、気がついたら企画屋としては業界のてっぺんが見えるところまで来ていた。
 漫画、小説、ハリウッド映画界、ゲーム、いずれの業界でも、企画で私に勝てる人はいなかった。

 ところで、私は友人に対して「対等であること」を要求する。
 友人として認めた相手には、私と同じレベルの能力をもっていることを求めるのだ。
 この性格の苛烈さは、多分、どうしようもない。
 これがもとで友人を失ったことは何度もあったし、トラブルになることも多かった。
 A君との関係がこじれたのも、元はといえばその性格のせいでもあった。
 自分の能力のレベルを自覚するにつれて、私はA君の漫画家としての能力に向上が見られないことに、腹を立てるようになった。

 A君と私は長年の付き合いで、彼の能力とその欠点について、私はよく承知していた。
 だから、彼が漫画を描くたびにその内容を見て、説明不足な点やコマ割りの不備を指摘し、改善提案をするということを、何度かやっていた。
 分析と改善の能力は、私が企画をする上では非常に役立っていたが、A君の目から見れば、私の指摘はただの言いがかりと大差ないようだった。
 同人誌の売り上げでそこそこ金が回って、取り巻きが増えると、彼は私の話を聞かなくなった。

 ある程度、同人作家として名が売れると、周囲に人が集まってくる。
 そうした人が、プロの漫画家や編集者であるのならば、仲良くなるのは得策だ。
 最悪でも中立化しておく必要はある。
 また、アマチュアであっても、前途有望な人材なら丁重に扱うべきだろう。
 優秀な人材はどこかで他のプロとつながっていることが多い。そうした人たちに嫌われると、あとあと(業界の政治的に)面倒なことになるので、少なくとも邪険にしてはいけない。
 逆に言えば、単に「業界人っぽい人と仲良くなりたいだけ」な人物が近寄ってきても、適当にあしらって距離を保つのが賢明である。
 そういう虎の威を借りたいだけの人間は戦力にならないのだから。
 しかし、A君は賢明ではなかった。

 私から見れば、彼の取り巻きのほとんどは戦力外であり、話にならなかった。
 一部の例外を除いて「虎の威を借りたいだけの人間」が徒党を組んだに過ぎなかった。
 一方、A君から見れば、彼らは頼もしい味方ということだったようだ。
 私が彼の取り巻きを相手にしなかったことは、A君にとっては不愉快なことだった。
 こうして私とA君の間には溝が生じていたのだが、これを、私はすぐに埋められるものだと考えていた。
 これが間違いだったと気づいたのは、ずっと後のことである。
(続く)